知っておきたい!昼キャバの存在とメリット

「昼キャバ」と呼ばれるものの存在を知っていますか?
キャバクラと言えばナイトワーク。
その名の通り夜に働くお店なんですけど、キャバクラの世界には最近昼キャバと呼ばれるものが登場して、しかもその勢力がどんどん広がってきているんです。

大阪のキャバクラにも昼間に営業しているお店が続々登場してきています。
昼のみというお店はなくて、夜も営業しているんだけど昼間も利用できますよ、という店舗ばかりです。

昼キャバのポイントは、昼間に働けること
夜は忙しくてお仕事ができない、でもキャバクラで働くことに興味がある、そんな人も絶対に多いはず。
そんな女の子たちは昼キャバで働くと、その願望を叶えることができますよ。

お昼でもキャバクラはキャバクラ、時給はその辺のアルバイトやパートよりもずっと高くて、3,000円以上のお店がほとんど。
明るいうちに仕事をしてこれだけ稼げるアルバイトって他を見回してみてもほとんどないですから、これはとっても大きなメリットでしょう。

夜のキャバクラで働くのと違うところは、ラフさですね。
夜はキラキラしたゴージャスなドレスを身に纏ってバッチリヘアメイクで接客しますけど、お昼はそれよりも若干カジュアル路線。
お店によるものの、ほぼほぼ私服みたいな格好で働けるところもあるんです。

このラフさは昼キャバのメリットですし、とても働きやすいと感じるはず。
客層もライトな感じの男性が多いので、この点でも働きやすさを感じることが出来ますよ。

 

昼キャバで働くのに向いているのはどんな人?

ラフであったりカジュアルであったりでOKなので、昼キャバはキャバ初心者にピッタリです。
夜のお店で働きたい、でもまだ自信がない、そんな女の子がいるのであれば、昼キャバで働くことをオススメしちゃいます。

あとは、上でもちょっと触れてますけど、昼間にしか働けない事情を持っている女の子たちですね。
例えば、主婦の人。
家庭があると夜に働きに出るのは難しいはず。
特に旦那さんに内緒でお小遣いを稼ぎたいなら、絶対に昼キャバで働くべき

学生さんにもぴったりですね、明るい時間帯に働けるお店は。
毎日出勤しなくてもいいお店が大半だから、授業がある時だったりテストがある時期は普通のバイトよりも休みやすいはずですよ。

単純に夜に弱い女の子にもオススメ
夜はちゃんと寝たい、夜更かしするとお肌が荒れたり体調をすぐ崩しちゃう、そんな女の子は、もうお昼にキャバクラ嬢として働くしかないでしょう!
毎日無理なくお仕事ができるから、そういう意味でも働きやすさは抜群だと感じるはずです。

昼キャバで働いてみて、もしやれそうだと思ったら更に稼げる夜のキャバクラ嬢へと転身、というプロセスもOK。

同じお店で勤務時間帯を変えることもできるので、体験入店などを通じてどんどんトライしてみてください。